時間管理の考え方 : すごい! 時間管理術

[ すごい! 時間管理術 ]
戸田覚 著 / 2007.05.30.PHP ビジネス新書 刊 / 再読レベル:★☆☆

2008.06.09.06:14. 投稿 | 2008.12.29.21:23. 更新 | ▽ 0 comment(s) | ▽ 0 trackback(s) | ▽ tag(s) | << | >>

この記事の目次

読了記録

2008年の読了目標1日1冊に対する6月の達成率4/4(100%)。
2008年通算では44/156(28%)。

2008年6月4日読了。2008年の44冊目。
所要時間は1時間程度。全般を通じ拾い読み。

所感

時間管理の考え方を説く1冊。
お金の価値を相対的とした上で、時間の価値を絶対的と述べる。

全般的な内容としてはベタ。
それでもココロに響く箇所があるから読書はやめられない。

『すごい! 時間管理術』より引用 「目次」

  • はじめに - 時間管理は誰でもできる

1章 時間管理こそ、あなたを幸せにする

  • あなたは時間の価値に気づいていない
  • 時間を管理すればお金がなくても幸せになれる

すごい! 時間管理術』より引用 「紙の方が見やすいというのは嘘」

よく、紙の方が見やすいという人がいます。僕も、数年前にはそう思っていた時期がありました。ところが、パソコンのモニターが大画面かつ低価格になってきた今となっては、紙の方が見やすいとは思いません。

(中略)

紙の方が見やすいのは、パソコンの画面では縮小表示されていたからです。

24インチワイド2台。17インチ5台を並べる著者による持論。

確かにディスプレイの大型化が進み、以前に比べて紙の優位性は薄れたかもしれない。
それでも物理的に手に取り扱えることや自由に書き込みができることを考えれば、依然アナログ優位だと私は思うのだが。
同じ理由で電子書籍がアナログ書籍にとって代わることも考えにくいのではないだろうか。

0 comment(s)

表示 / 非表示

0 trackback(s)

表示 / 非表示

tag(s)

同一カテゴリーの前後の記事

関連記事